信長の野望

日本史学習について考える…

史料を読もう

© 信長の野望 All rights reserved.

20137/28

中学社会 詳説用語&資料集

先日、受験研究社の自由自在のシリーズになっている「中学社会 詳細用語&資料集」というのを購入してみました。



これは、進学塾の早稲田アカデミーが監修で受験研究社と一緒に作成した用語集のようです。タイトルの下の「2800」という文字が見えますが、受験を含めて学習に必要な2800語を収録しているとのことです。4編構成で、「地理」「歴史」「公民」「資料」からなっています。

「資料」編では、地図、日本と世界の地形や産業、地図記号や都道府県の主要データなどの地理が多めで、簡易年表とおもな歴史人物などの歴史に関するものと、憲法のおもな条文と政治や経済の図などが載っています。

歴史の用語集では、古代のところに「摂政」が載っていましたが、こんな説明でした。

天皇が女性、あるいは幼少のとき天皇にかわり政治をおこなうための
役職。聖徳太子・中大兄皇子などが就いた。皇族以外が摂政となった
のは858年の藤原良房が最初である。
という感じですが、まだ聖徳太子の摂政が普通に扱われるんですね。まあ、受験用の用語集としては必要なんでしょうけれど。でも、中大兄皇子まで書いてあるけれど、そんなこと習ったかなぁ。ネットでも斉明天皇の摂政をつとめたと記されているものがあるんですが、何を根拠としているのかがわからなくて、何に記されているんでしょうね? 少なくとも日本書紀には書いていないと思うんですけれど。それを中学生は覚えなくてはならないんですかね?ちょっと不思議な感じがしました。

 

関連記事

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20199/8

氷川神社富士塚(板橋区氷川町21-8 氷川神社)

都営三田線の板橋区役所駅から中山道を少し下がって、板橋本町との間に氷川神社があります。 [mappress mapid="178"]…

20198/25

徳丸富士(板橋区徳丸6-34-3 北野神社)

東武東上線の東武練馬駅からほぼ真北に向かったところに徳丸北野神社があります。 [mappress mapid="177"] …

20198/21

足立区栗原3(環7通)の青面金剛像庚申塔

西新井駅西口から北に向かって環状7号線に出たところの屋敷の角に庚申塔がありました。 [mappress mapid="176"] 2つの石像…

20198/12

千住柳原富士(足立区柳原2-38-1 柳原稲荷神社)

京成関屋駅及び東武伊勢崎線の牛田駅から北に約10分ほど歩いたところに、柳原稲荷神社があります。 [mappress mapid="1…

20195/5

大川富士(足立区千住大川町12−3 大川町氷川神社)

千住駅から日光街道(国道4号線)に出て、荒川の千住新橋を渡る手前を左に降りたところを少しだけ進むと、大川町氷川神社があります。 [m…

ページ上部へ戻る