信長の野望

日本史学習について考える…

史料を読もう

© 信長の野望 All rights reserved.

将門の首塚(千代田区大手町1-2)

大手町は大手企業の本社ビルなどが並ぶビジネス街ですが、その真ん中に平将門の首塚があります。

 

隣のビルは三井物産ビルで、お堀にカルガモがお引っ越しをすることで知られた場所です。その裏手で、正面には東京三菱UFJ銀行、奥には読売新聞東京本社がならぶところです。そんな中に木々が鬱蒼と茂る一角があって、それが将門の首塚です。

20131105-212126

手前に建てられている東京都教育委員会の説明板によると、1307(徳治 2)年に真教上人が荒れた塚を修復し、板碑を建て、日輪寺で供養したそうです。そして祟りをもたらしていたとされる将門の霊を神田明神に祀ったところ鎮まったとあります。また、今のように整備されたのは1970(昭和45)年のことだそうです。その間もない時期にも見に来た気がします。なお、板碑には「徳治二年」の文字が刻まれていますね。

20131105-212135

また、三井物産の有志の方の説明板によれば、ここは神田明神創建の地であり、毎年「将門塚例祭」が神田明神によって行われているようです。

20131105-212118

さらに、正面には神田明神の将門塚保存会の由来書があり、『将門記』に記されているように獄門に架けられた三日後に、東方に飛び去り、武蔵国豊嶋郡柴崎に落ちたというところから塚をつくったと記されています。ただ、この話しにあるような首塚は他にも数カ所あるようで、さまざまな形で伝承されているようです。

20131105-212109

ただ、塚をつくると記されているが、もともとここに古墳があったとも言われており、さまざまな伝承が組み合わさって今のような形になったのかも知れません。過去にここに大蔵省の建物が建てられる際に、調査されたそうだが、重機が横転した逸話まで残されておりさまざまな祟りの言い伝えもあるという。

ここの保存のための地元のボランティア団体が浄財をもとに清掃などをしているそうだが、前の東京三菱UFJ銀行には「平将門」の名前で口座があったらしい(今は知らないが)という話は小さい時に聞いたことがある。

 

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村


その他・全般(歴史) ブログランキングへ

関連記事

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20199/8

氷川神社富士塚(板橋区氷川町21-8 氷川神社)

都営三田線の板橋区役所駅から中山道を少し下がって、板橋本町との間に氷川神社があります。 [mappress mapid="178"]…

20198/25

徳丸富士(板橋区徳丸6-34-3 北野神社)

東武東上線の東武練馬駅からほぼ真北に向かったところに徳丸北野神社があります。 [mappress mapid="177"] …

20198/21

足立区栗原3(環7通)の青面金剛像庚申塔

西新井駅西口から北に向かって環状7号線に出たところの屋敷の角に庚申塔がありました。 [mappress mapid="176"] 2つの石像…

20198/12

千住柳原富士(足立区柳原2-38-1 柳原稲荷神社)

京成関屋駅及び東武伊勢崎線の牛田駅から北に約10分ほど歩いたところに、柳原稲荷神社があります。 [mappress mapid="1…

20195/5

大川富士(足立区千住大川町12−3 大川町氷川神社)

千住駅から日光街道(国道4号線)に出て、荒川の千住新橋を渡る手前を左に降りたところを少しだけ進むと、大川町氷川神社があります。 [m…

ページ上部へ戻る