信長の野望

日本史学習について考える…

史料を読もう

© 信長の野望 All rights reserved.

20173/13

大聖不動尊の庚申塔(さいたま市緑区大間木1907)

木曽呂の富士塚に向かう県道103号線の手前に大聖不動尊がありました。

ここにも庚申塔がありました。



駒型の青面金剛神像庚申塔です。下には邪鬼を踏みつけ、その下には三猿が配置されています。



上部に風化が進んでいるが日月が配置されています。六臂の青面金剛神で邪鬼を踏みつけています。正面の右手には笏、左手には何かを持っています。ショケラのようにも、羂索のようにも見えます。右の上に掲げた手には三叉戟だと思いますがかなり長い棒になっています。左の上に掲げた手には宝輪、右の下の手には矢、左の下の手には弓を持っています。ただ、矢は剣のようにも見えますね。



向かって右側の側面には「奉待庚申供□爲二世安樂也」と刻まれています。□は養の字だと思ったのですが、どうもへんとつくりがあるので違う字です。



向かって左側の側面には「宝暦元辛未十一月吉日」「施主八…」の文字が見えます。1751(宝暦元)年ということは江戸中期のものですね。風化が進んでいるのはやむを得ないのかも知れません。

 

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村


その他・全般(歴史) ブログランキングへ

関連記事

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20199/8

氷川神社富士塚(板橋区氷川町21-8 氷川神社)

都営三田線の板橋区役所駅から中山道を少し下がって、板橋本町との間に氷川神社があります。 [mappress mapid="178"]…

20198/25

徳丸富士(板橋区徳丸6-34-3 北野神社)

東武東上線の東武練馬駅からほぼ真北に向かったところに徳丸北野神社があります。 [mappress mapid="177"] …

20198/21

足立区栗原3(環7通)の青面金剛像庚申塔

西新井駅西口から北に向かって環状7号線に出たところの屋敷の角に庚申塔がありました。 [mappress mapid="176"] 2つの石像…

20198/12

千住柳原富士(足立区柳原2-38-1 柳原稲荷神社)

京成関屋駅及び東武伊勢崎線の牛田駅から北に約10分ほど歩いたところに、柳原稲荷神社があります。 [mappress mapid="1…

20195/5

大川富士(足立区千住大川町12−3 大川町氷川神社)

千住駅から日光街道(国道4号線)に出て、荒川の千住新橋を渡る手前を左に降りたところを少しだけ進むと、大川町氷川神社があります。 [m…

ページ上部へ戻る