信長の野望

日本史学習について考える…

史料を読もう

© 信長の野望 All rights reserved.

20135/4

庚申塔(練馬区北町2-38 北町観音堂)

先日紹介した「下練馬の富士塚」のすぐ近く、本当に東武練馬駅そばの旧川越街道沿いに北町観音堂があります。最近整備されたようできれいになりました。そこには4つの石碑もおかれていますが、その中に庚申塔が2基あります。

ここは練馬区の有形民俗文化財に指定されていて、公式ホームページにも記事があります。ご本尊の聖観音座像は高さ270cmとかなりしっかりしたもので、この付近が宿場町でありそこで侵攻されていたもののようです。

 

IMG_0444

 

この祠の横の旧川越街道沿いに4つの石碑が並んでいます。ちなみに上部に見える標識は「旧川越街道」についてしるしたものでした。

IMG_0453この4つの石碑の中で一番右と左から二番目が庚申塔です。ちなみに一番左は馬頭観音で右から二番目は薬師如来の像です。

さて、一番左の庚申塔ですが、青面金剛像庚申塔で、一面六臂のこの付近には多いタイプのものです。また、全体で1m足らずの大きさですが上に屋根がついていてかなりしっかりしています。

IMG_0449

 

彫りとしてはしっかり識別できるもので、上部に月と日と鶏二羽が、金剛像の手には左上に宝輪、右上に鑓(?戟かも?)、左下に弓、右下に矢をもち、残り2つは合掌しています。

IMG_0450

 

下部は少し風化していますが、たぶん邪鬼らしきものを踏みつけ、その下にははっきりと分かる三猿がいます。

IMG_0451

 

向かって左側には、「正徳四 甲午 天八月十九日」「武刕豊嶋郡下練馬村」の文字が読み取れます。1714(正徳 4)年のこの地域のものであることが分かります。

IMG_0452

向かって右側はちょっと光って読みにくいですが、「奉造立青面金剛二世」の文字が読み取れます。右下に「願主 五郎右衛門」の文字があるので、この地域の代表の名前でしょう。

また、右から2番目の庚申塔ですが、先ほどのとほぼ同じくらいの大きさですが、ちょっと傘の部分が小さくなっています。また、下部の風化が少し進んでいるようです。

IMG_0445

 

こちらも一面六臂で、合掌している以外の手には左上に宝輪、右上に戟、左下に弓、右下に矢をもっています。月日や鶏は上部にありそうですが不鮮明です。

IMG_0446

下部は邪鬼の顔の部分が左側にあるのが分かりますが、三猿の顔の部分が二つ削れてしまっていて分からなくなっています。

IMG_0447

向かって左側には「豊嶋郡下練馬村上宿 講中」の文字がはっきり見えます。こちらは上宿のもののようです。

IMG_0448

向かって右側の側面には「寛延三庚午十一月」の文字が見えます。1750(寛延 3)年のもののようで、先ほどのものよりも36年ほどあとに建立されたものだと分かります。

花やお酒がちゃんとおかれているのを見ると、町会などの有志でちゃんと整備しているのでしょう。こうやって保存されているのは素敵ですね。

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20198/25

徳丸富士(板橋区徳丸6-34-3 北野神社)

東武東上線の東武練馬駅からほぼ真北に向かったところに徳丸北野神社があります。 [mappress mapid="177"] …

20198/21

足立区栗原3(環7通)の青面金剛像庚申塔

西新井駅西口から北に向かって環状7号線に出たところの屋敷の角に庚申塔がありました。 [mappress mapid="176"] 2つの石像…

20198/12

千住柳原富士(足立区柳原2-38-1 柳原稲荷神社)

京成関屋駅及び東武伊勢崎線の牛田駅から北に約10分ほど歩いたところに、柳原稲荷神社があります。 [mappress mapid="1…

20195/5

大川富士(足立区千住大川町12−3 大川町氷川神社)

千住駅から日光街道(国道4号線)に出て、荒川の千住新橋を渡る手前を左に降りたところを少しだけ進むと、大川町氷川神社があります。 [m…

20195/4

吹上観音百庚申

和光市に百庚申があると聞いたことがあったので、和光市駅からバスに乗って吹上観音下というところまでいきました。 [mappress m…

ページ上部へ戻る