信長の野望

日本史学習について考える…

史料を読もう

© 信長の野望 All rights reserved.

20144/30

青面金剛神像庚申塔(練馬区石神井町7-4)

西武池袋線の石神井駅近くの富士街道には一里塚とともに庚申塔がありましたが、そこからわずかに富士街道を南に下った地蔵堂にも庚申塔がありました。

横には大山街道の説明板がありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

正面にはかなり背の高い延命地蔵が祀られています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その向かって左側に地蔵堂があります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2基の石仏がありますが、向かって左側が青面金剛神像庚申塔です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

生活感漂う感じで、袋やゴミ箱があってどけようか悩んだのですが、勝手にものを動かすのはまずいので触れずに撮りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上部に日月がかかげられた、六臂青面金剛神像が刻まれています。合掌している手以外には、右手上には鉾でしょうか。ただ、刃先が曲がっているので槍か戈にも見えます。また左手上にはずいぶんと鮮やかな宝輪、右手下に矢、左手下に弓を持っています。また、邪鬼を踏みつけています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

邪鬼の下部には三猿がちゃんと配置されています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

向かって右側には「武列豊嶋郡中武蔵下石神井村」と刻まれています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

向かって左側には「元禄十一戊?年 十一月吉日」と刻まれているようです。1698(元禄11)年と江戸時代前期から中期にかけてのもののようです。300年以上経っている割には彫りがしっかりしており、保存が良いと思います。

また、この庚申塔の斜め前にはこんな石塔がありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「奉納 青面金剛御寶所」「寛政十戊午年」「十一月吉祥日」と読めます。これは1798(寛政10)と庚申塔より百年経って建てられたもののようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

向かって右側の側面には「武州豊嶋郡下石神井村」と刻まれているので、同じ地域のものですから、何らかの関係があるものと思われます。

こんな近くに庚申塔が続いてあるなんてすごいと思いますが、ここは富士街道ですから、昔はこうやって街道沿いにあったのでしょう。

今回は雨に降られて途中で断念しましたが、もっとこの辺を探索してみると面白いかも知れません。

 

関連記事

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20199/8

氷川神社富士塚(板橋区氷川町21-8 氷川神社)

都営三田線の板橋区役所駅から中山道を少し下がって、板橋本町との間に氷川神社があります。 [mappress mapid="178"]…

20198/25

徳丸富士(板橋区徳丸6-34-3 北野神社)

東武東上線の東武練馬駅からほぼ真北に向かったところに徳丸北野神社があります。 [mappress mapid="177"] …

20198/21

足立区栗原3(環7通)の青面金剛像庚申塔

西新井駅西口から北に向かって環状7号線に出たところの屋敷の角に庚申塔がありました。 [mappress mapid="176"] 2つの石像…

20198/12

千住柳原富士(足立区柳原2-38-1 柳原稲荷神社)

京成関屋駅及び東武伊勢崎線の牛田駅から北に約10分ほど歩いたところに、柳原稲荷神社があります。 [mappress mapid="1…

20195/5

大川富士(足立区千住大川町12−3 大川町氷川神社)

千住駅から日光街道(国道4号線)に出て、荒川の千住新橋を渡る手前を左に降りたところを少しだけ進むと、大川町氷川神社があります。 [m…

ページ上部へ戻る