信長の野望

日本史学習について考える…

史料を読もう

© 信長の野望 All rights reserved.

20173/22

花蔵院の青面金剛神像庚申塔(浦安市猫実3-10-3)

豊受神社の西側の隣に新義真言宗の花蔵院という寺院があります。

ちょうどお彼岸でお墓参りの方がたくさんいらしていましたが、その奥に如意輪観音像らしき石造物が見えたので、中に入ってみました。



すると、門を入って右側の塀際に比較的大きな青面金剛神像庚申塔がありました。



駒型の角柱の石碑で、顔立ちがハッキリ分かる青面金剛神像です。上部には日雲・月雲が配置されています。六臂で、右の手前は剣を、左の手前はショケラを、右の上の方の手は双戟、左の上の手は宝輪、右の下の手は複数の矢、左の下の手は弓を持っています。



下側には二鶏、邪鬼を踏みつけ、その下には三猿が配置されています。



台座の正面には「講中」の文字がありましたが、向かって左側には人名が刻まれています。講碑に関わる人なのでしょう。





反対側の向かって右側は隙間が小さくよく見えないのですが、やはり人名のような文字が刻まれています。

一番奥側は「石工□町□平治」という文字が見え、この講碑設立の人物でしょうか。さらにその左側には「□政元年九月吉日」となっています。上の□はよく読めないのですが、複雑には見えないので「文」でしょう。いずれにしても19世紀前半のもののようです。

 

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村


その他・全般(歴史) ブログランキングへ

 

 

関連記事

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20198/25

徳丸富士(板橋区徳丸6-34-3 北野神社)

東武東上線の東武練馬駅からほぼ真北に向かったところに徳丸北野神社があります。 [mappress mapid="177"] …

20198/21

足立区栗原3(環7通)の青面金剛像庚申塔

西新井駅西口から北に向かって環状7号線に出たところの屋敷の角に庚申塔がありました。 [mappress mapid="176"] 2つの石像…

20198/12

千住柳原富士(足立区柳原2-38-1 柳原稲荷神社)

京成関屋駅及び東武伊勢崎線の牛田駅から北に約10分ほど歩いたところに、柳原稲荷神社があります。 [mappress mapid="1…

20195/5

大川富士(足立区千住大川町12−3 大川町氷川神社)

千住駅から日光街道(国道4号線)に出て、荒川の千住新橋を渡る手前を左に降りたところを少しだけ進むと、大川町氷川神社があります。 [m…

20195/4

吹上観音百庚申

和光市に百庚申があると聞いたことがあったので、和光市駅からバスに乗って吹上観音下というところまでいきました。 [mappress m…

ページ上部へ戻る