信長の野望

日本史学習について考える…

史料を読もう

© 信長の野望 All rights reserved.

北町8丁目富士塚

20128/27

富士塚(練馬区北町8丁目 氷川神社)

練馬区北町8丁目の氷川神社のところに富士塚があるというので見てきました。

富士塚というのは江戸時代に富士信仰(もしくは浅間信仰)という、富士山を一つの神としてあがめる民間信仰に基づいて、富士山を模してつくられた人工の山や塚です。その頂上に浅間神社を祀って、山開きの日にその塚に上り浅間神社に参拝すると、富士登山をして浅間神社をお参りしたのと同じ御利益があると考える講がありました。それを富士講などと呼んでいますが、その富士講で作られたものが多いようです。

さて、練馬区北町8丁目の氷川神社は、川越街道からほど近いのですが、奥まったところにあってちょっと分かりにくい場所にあります。氷川神社そのものは火災で焼失したようで仮のお堂が建てられています。その横に富士塚があります。写真では左側が氷川神社です。

氷川神社と富士塚

場所はこちらです。





右側の富士塚の鳥居の横には練馬区の説明が建てられています。練馬区はホームページでも史跡などについて説明が載せられていて、分かりやすくなっています。この氷川神社富士塚についても載っていました。


北町8丁目富士塚

鳥居をくぐると登山道(参道)になっています。途中まではなだらかで上りやすかったです。
氷川神社富士塚
頂上には浅間神社の祠が祀られていました。

氷川神社富士塚

途中の五合目あたりには、明治ごろにつくられたと思われる登山記念の石碑が建てられたりもしています。

登山記念の石碑

そして、富士塚の横の氷川神社の階段を上ると、練馬区が設置した説明が建てられていました。その中の多くはこの富士塚について触れられています。

氷川神社説明

御嶽山信仰も兼ねていたという記載があって、ふーんと思っていたら、この説明の横で、先ほどの浅間神社の祠の裏手に関連する石碑もありました。(柵がしてあってちょっと見にくいですけれど…)

御嶽山信仰

そういえば、小学生の時に町内会の集まりで、文京区の白山神社のところにある富士塚に登ったことがあるのを思い出しました。今は柵がしてあって特定の時にしか登れないようですが、当時は自由に登れたように記憶しています。すでに富士山がみえる富士塚はほとんどなくなってしまったと思いますが、ここから昔は富士山が見えていたと思うと感慨深いですね。

関連記事

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20198/21

足立区栗原3(環7通)の青面金剛像庚申塔

西新井駅西口から北に向かって環状7号線に出たところの屋敷の角に庚申塔がありました。 [mappress mapid="176"] 2つの石像…

20198/12

千住柳原富士(足立区柳原2-38-1 柳原稲荷神社)

京成関屋駅及び東武伊勢崎線の牛田駅から北に約10分ほど歩いたところに、柳原稲荷神社があります。 [mappress mapid="1…

20195/5

大川富士(足立区千住大川町12−3 大川町氷川神社)

千住駅から日光街道(国道4号線)に出て、荒川の千住新橋を渡る手前を左に降りたところを少しだけ進むと、大川町氷川神社があります。 [m…

20195/4

吹上観音百庚申

和光市に百庚申があると聞いたことがあったので、和光市駅からバスに乗って吹上観音下というところまでいきました。 [mappress m…

20181/28

五反野富士(足立区足立3-28-16 西宮稲荷神社)

東武伊勢崎線五反野駅と小菅駅の間に西宮稲荷神社がありました。 [mappress mapid="172"] 五反野駅から南に向かい、足立…

ページ上部へ戻る