信長の野望

日本史学習について考える…

史料を読もう

© 信長の野望 All rights reserved.

201311/24

青面金剛像庚申塔(板橋区赤塚1-9)

下赤塚駅の北側にある交番近くに青面金剛像庚申塔があるので見てきました。

ここにあることは前々から知っていたのですが、昼間に通ることが少なくて写真をちゃんと撮っていなかったんです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

この庚申塔は下の方の風化がかなり激しく、青面金剛像そのものの顔立ちも分かりませんが、文字の部分は比較的よく残っている高さ約1mほどの庚申塔です。

上部に月日が左右に一対、六臂の青面金剛像で、上の右手に三叉戟、下の右手に矢、上の左手に法輪のようなもの、下の左手に弓を持っているようです。このようなパターンの庚申塔は練馬区高松でも見かけました。でも、宝輪とかは柄までしっかり区別できる保存状態の良いものです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

青面金剛像は邪鬼を踏みつけているのですが、邪鬼がただの塊にしか見えませんね。また、三猿もその下にありますが、真ん中の猿が聞かざるであろうことくらいが想像できるほどで、だいぶ風化が激しいですね。

向かって左側の上には「寶暦四 甲戌 歳」右側上には「十二月吉祥」と記されており、西暦で言えば1754(宝暦 4)年、郡上一揆のあった頃のもののようです。

IMG_1317

 

IMG_1316

 

また、向かって右下には「講中二十三」とあり、庚申講のメンバーの人数でしょうか。

IMG_1319

左下には「願主 中田七右衛(門)」と記されています。

ネットでこの庚申塔を調べたら、「坂道散歩」というサイトに次のように載っていました。

道路整理と舗装工事の際に近くの不動さまの境内に移したところ、七右エ門さんが子孫の夢枕に立ち、元の場所に戻してくれと告げたので、元のように交番前の辻の道端に移したという。

『いたばしの昔話』の「夢枕に立った庚申さま」より。

なるほど、こんな交通の多いところになぜあるのかと思いましたが、こういういわれがあったんですね。

赤塚から成増にかけては庚申塔が多いと聞くので、これから探してみたいと思います。

 

関連記事

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20199/8

氷川神社富士塚(板橋区氷川町21-8 氷川神社)

都営三田線の板橋区役所駅から中山道を少し下がって、板橋本町との間に氷川神社があります。 [mappress mapid="178"]…

20198/25

徳丸富士(板橋区徳丸6-34-3 北野神社)

東武東上線の東武練馬駅からほぼ真北に向かったところに徳丸北野神社があります。 [mappress mapid="177"] …

20198/21

足立区栗原3(環7通)の青面金剛像庚申塔

西新井駅西口から北に向かって環状7号線に出たところの屋敷の角に庚申塔がありました。 [mappress mapid="176"] 2つの石像…

20198/12

千住柳原富士(足立区柳原2-38-1 柳原稲荷神社)

京成関屋駅及び東武伊勢崎線の牛田駅から北に約10分ほど歩いたところに、柳原稲荷神社があります。 [mappress mapid="1…

20195/5

大川富士(足立区千住大川町12−3 大川町氷川神社)

千住駅から日光街道(国道4号線)に出て、荒川の千住新橋を渡る手前を左に降りたところを少しだけ進むと、大川町氷川神社があります。 [m…

ページ上部へ戻る