信長の野望

日本史学習について考える…

史料を読もう

© 信長の野望 All rights reserved.

20144/12

鉄砲洲富士(中央区湊1-6)

中央区に唯一残っているといわれている鉄砲洲富士を見に行きました。



場所は鐵砲洲稲荷神社の中にあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鳥居の横に鐵砲洲稲荷神社の由来が掲げられていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

明治元年にこの地に移されたもので、関東大震災で被害を受けたけれど復興したということで、富士塚も移されたものなのでしょうか?江戸名所図絵に記されているということは天保年間には存在していたのですから、神社だけが移されたのか、これだけでは分かりませんね。

入って右手に社務所がありますが、その横に力石と並んで富士塚の立て札が立っていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その奥に6mほどの富士塚がありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大きな鳥居があって立派ですが、登れないとのことです。鳥居の下から上をのぞむとこんな感じです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

溶岩で固められ、たくさんの富士講の碑が建っています。正面からは頂上の祠が見えませんが、横に少し回ると頂上の祠が見えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

富士講の碑はこんなものがありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2枚目の鳥居の横にある講碑は、昭和36(1961)年のもので、この地の鉄砲洲富士講というのが続いているということですね。ちなみに最後の5枚目のものは講碑ではないようですが、先ほどの鉄砲洲稲荷神社の由来が刻まれています。もともとは寛政年間に神社は作られたことが記されています。

鳥居の向かって左側にまわると狐の像が祀られていました。稲荷神社なので当たり前かも知れませんが。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さらにその奥には登山道がありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その先には燈篭と祠があります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、鳥居の向かって右側には稲荷神社の祠でしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その下には講碑と穴がありました。こんなのは初めて見ました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

関連記事

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20199/8

氷川神社富士塚(板橋区氷川町21-8 氷川神社)

都営三田線の板橋区役所駅から中山道を少し下がって、板橋本町との間に氷川神社があります。 [mappress mapid="178"]…

20198/25

徳丸富士(板橋区徳丸6-34-3 北野神社)

東武東上線の東武練馬駅からほぼ真北に向かったところに徳丸北野神社があります。 [mappress mapid="177"] …

20198/21

足立区栗原3(環7通)の青面金剛像庚申塔

西新井駅西口から北に向かって環状7号線に出たところの屋敷の角に庚申塔がありました。 [mappress mapid="176"] 2つの石像…

20198/12

千住柳原富士(足立区柳原2-38-1 柳原稲荷神社)

京成関屋駅及び東武伊勢崎線の牛田駅から北に約10分ほど歩いたところに、柳原稲荷神社があります。 [mappress mapid="1…

20195/5

大川富士(足立区千住大川町12−3 大川町氷川神社)

千住駅から日光街道(国道4号線)に出て、荒川の千住新橋を渡る手前を左に降りたところを少しだけ進むと、大川町氷川神社があります。 [m…

ページ上部へ戻る