信長の野望

日本史学習について考える…

史料を読もう

© 信長の野望 All rights reserved.

20144/7

弁才天の庚申塔?(新宿区西早稲田1-7)

先日見てきた早稲田大学の近くの観音寺にある庚申塔ですが、新宿区の『新宿区の文化財 石造品編』によると、ここにはもう1つ庚申塔があるとされています。

その資料によると青面金剛坐像の庚申塔というのですが、それはこれのことのようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

確かに多臂像で坐像になっているので、青面金剛像のように見えます。ただ、これには前の2つの庚申塔と違って異体字でも「庚申」という文字が見えません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上部に見えるのは「奉成就」という文字だけです。これだけでは庚申塔かどうか判明しません。

それに、青面金剛坐像というのですが、他のページには弁才天として紹介されているようです。確かに一般的な青面金剛神像の場合は一面六臂で、上部に月日や鶏が配置されていることがおおいのですが、上部に特に月日などもありません。また、よくみると一面八臂で、宝珠・剣・弓矢・金剛杵などをもっています。もともと仏教の守護天として導入された時の弁才天は一面八臂のものが多く武器になる持物が多かったようなので、その特徴からしても弁才天の可能性があります。また、他のWebでは頭上に蛇が刻まれているのが違っているように書かれていましたが、もともと弁才天は川など水にかかわる信仰と結びついており、蛇や龍を使いとすることもあるようで、蛇がとぐろを巻いている姿の弁才天もあるそうです。そう考えると、これが弁才天と考えるのも妥当なのかも知れません。ただ、東京にある弁才天を主尊とした庚申塔は千住のものだけらしいので、それとは違うとなると、ますます庚申塔なのか疑わしくなってきました。

文字としては「貞享 4年」「十月」の文字が見え、貞享 4(1687)年と他の石仏と同様に江戸時代初期のものであることは分かるのですが、私には結局庚申塔なのかということは分かりませんでした。

ただ、この並びの石仏には、こんなものもありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これはもちろん庚申塔ではありませんし、二臂で宝珠などももっていないのですが、この片膝を立てて座る姿は如意輪観音像と思われ、珍しいものがみられていたんですね。

関連記事

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20199/8

氷川神社富士塚(板橋区氷川町21-8 氷川神社)

都営三田線の板橋区役所駅から中山道を少し下がって、板橋本町との間に氷川神社があります。 [mappress mapid="178"]…

20198/25

徳丸富士(板橋区徳丸6-34-3 北野神社)

東武東上線の東武練馬駅からほぼ真北に向かったところに徳丸北野神社があります。 [mappress mapid="177"] …

20198/21

足立区栗原3(環7通)の青面金剛像庚申塔

西新井駅西口から北に向かって環状7号線に出たところの屋敷の角に庚申塔がありました。 [mappress mapid="176"] 2つの石像…

20198/12

千住柳原富士(足立区柳原2-38-1 柳原稲荷神社)

京成関屋駅及び東武伊勢崎線の牛田駅から北に約10分ほど歩いたところに、柳原稲荷神社があります。 [mappress mapid="1…

20195/5

大川富士(足立区千住大川町12−3 大川町氷川神社)

千住駅から日光街道(国道4号線)に出て、荒川の千住新橋を渡る手前を左に降りたところを少しだけ進むと、大川町氷川神社があります。 [m…

ページ上部へ戻る