信長の野望

日本史学習について考える…

史料を読もう

© 信長の野望 All rights reserved.

20173/24

猫実の庚申塔

豊受神社や花蔵院の横の通りを北西側に向かう道があって、人通りもそこそこあります。

ちょっと道が折れたところからは「庚申通り」となっていました。



その通りの奥、大きな通りとの交点になっているところに庚申塔はありました。



地図に「猫実の庚申塔」と記されるだけの立派な庚申塔のスペースです。狛犬ならぬ猿が正面を守っています。



前には説明版がでていました。説明によれば本尊は青面金剛菩薩だそうです。青面金剛が菩薩だと書いてあったのは初めてかも知れません。







正面に祠に入った青面金剛像庚申塔、左側に「青面金剛供養塔」、右側に「記念塔」がありました。





上部に日雲・月雲が、下部には二鶏が配置されています。中心は六臂の青面金剛像で、合掌している手以外は、右手の上側は剣、左手の上側は宝輪、右手の下側は矢、左手の下側は弓を持っています。



下には三猿が配置されていますが、正面からは見にくくなっています。



向かって右側の側面には「下総國葛(人ではなくヒ)飾郡行徳領猫實村 法字花□」と記されています。猫実村のものですね。



向かって左側には文字が特に見えなかったのですが、実は正面に文字が少し書いてあります。隙間が狭くてハッキリ読めません。でもきっとこの正面下部に正徳 5(1715)年が刻まれているのではないでしょうか。浦安市の庚申塔としては最古のものらしいのですが、江戸中期のかなりしっかりしたものですね。

 

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村


その他・全般(歴史) ブログランキングへ

 

関連記事

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20199/8

氷川神社富士塚(板橋区氷川町21-8 氷川神社)

都営三田線の板橋区役所駅から中山道を少し下がって、板橋本町との間に氷川神社があります。 [mappress mapid="178"]…

20198/25

徳丸富士(板橋区徳丸6-34-3 北野神社)

東武東上線の東武練馬駅からほぼ真北に向かったところに徳丸北野神社があります。 [mappress mapid="177"] …

20198/21

足立区栗原3(環7通)の青面金剛像庚申塔

西新井駅西口から北に向かって環状7号線に出たところの屋敷の角に庚申塔がありました。 [mappress mapid="176"] 2つの石像…

20198/12

千住柳原富士(足立区柳原2-38-1 柳原稲荷神社)

京成関屋駅及び東武伊勢崎線の牛田駅から北に約10分ほど歩いたところに、柳原稲荷神社があります。 [mappress mapid="1…

20195/5

大川富士(足立区千住大川町12−3 大川町氷川神社)

千住駅から日光街道(国道4号線)に出て、荒川の千住新橋を渡る手前を左に降りたところを少しだけ進むと、大川町氷川神社があります。 [m…

ページ上部へ戻る