信長の野望

日本史学習について考える…

史料を読もう

© 信長の野望 All rights reserved.

20143/9

駒形文字庚申塔(練馬区平和台1-28)

暖かくなって雪もない週末に、久々に庚申塔を見てきました。

場所は環八と川越街道の交差するところからほど近い練馬区平和台1-28です。ここは細い通りなのですが、ここは下練馬道と呼ばれていた道のようです。そして、その通りの角にこんなにひっそりとあるので、気をつけてみないと気がつかないかも知れません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここのお宅の塀が凹型になっていて、そこに庚申塔があります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

高さは下に台がついているので1m強ありますが、塔そのものは1mもない駒形の文字庚申塔です。下の台には「當村東 講中」と刻まれています。この下練馬本村のものなのでしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

正面に「庚申塔」の文字があり、上に日輪・月輪が左右に配置されています。向かって右側には「天保五年」左側には「午四月吉日」と彫られていますので、1834(天保 5)年と江戸時代後期のもののようです。下には「江戸道(?)」という文字も見えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

向かって右の側面には、「北」「下祢りむま宿」「とたわたし道」と刻まれています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

向かった左の側面には、「南」「そうしかや」「たかたみち」と刻まれています。

今はほぼ北に向かってたっていますが、昔は東に向いて建てられていて道標も兼ねていたのかも知れません。練馬区の記録によると裏にも「西」と刻まれているらしいです。

庚申塔が道標を兼ねているのは他にも例がありますが、道なりに順に庚申塔を追いかけてみると、その様子がわかって面白いかも知れません。

 

関連記事

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20199/8

氷川神社富士塚(板橋区氷川町21-8 氷川神社)

都営三田線の板橋区役所駅から中山道を少し下がって、板橋本町との間に氷川神社があります。 [mappress mapid="178"]…

20198/25

徳丸富士(板橋区徳丸6-34-3 北野神社)

東武東上線の東武練馬駅からほぼ真北に向かったところに徳丸北野神社があります。 [mappress mapid="177"] …

20198/21

足立区栗原3(環7通)の青面金剛像庚申塔

西新井駅西口から北に向かって環状7号線に出たところの屋敷の角に庚申塔がありました。 [mappress mapid="176"] 2つの石像…

20198/12

千住柳原富士(足立区柳原2-38-1 柳原稲荷神社)

京成関屋駅及び東武伊勢崎線の牛田駅から北に約10分ほど歩いたところに、柳原稲荷神社があります。 [mappress mapid="1…

20195/5

大川富士(足立区千住大川町12−3 大川町氷川神社)

千住駅から日光街道(国道4号線)に出て、荒川の千住新橋を渡る手前を左に降りたところを少しだけ進むと、大川町氷川神社があります。 [m…

ページ上部へ戻る