信長の野望

日本史学習について考える…

史料を読もう

© 信長の野望 All rights reserved.

20143/16

青面金剛神像庚申塔(練馬区平和台1-4)

前回の駒形庚申塔からほど近いところにある庚申塔を見てきました。

田柄川河川敷道に面したところにあり、横には「渡戸橋跡」という文字が見えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ここに屋根付きで庚申塔が祀られています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

この敷地の入口のところの左右の門柱に「東本村庚申講」という文字が刻まれています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

150cmくらいある駒形の青面金剛神像の庚申塔です。屋根がついているので、どうしても写すと暗くなってしまいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

上には月輪・日輪がが左右に配置されています。青面金剛神像は一面六臂で、合掌している手以外は、左手上には三叉、下には弓、右手上には矛(?)、下には矢を持っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

邪鬼を踏みつけ、その下には三猿が配置されています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

向かって右上には、だいぶ薄くなって見にくいのですが、「奉新造立庚申之供養結衆二世…」という文字が見えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、左には、「貞享二天乙丑九月吉日」という文字がかすかに見えます。つまり、貞享 2(1685)年と比較的古い時期のものであることがわかります。だから文字が読みにくいのですが、でもこれだけ保存されているのは講中の人々のおかげなのかも知れません。

その下には「武刕豊嶋郡」「下練馬本村」という文字も見えますので、この地域のものですね。一番下には人名が刻まれています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

中央に「河嶋」という文字が続いて見えますが、このあたりの有力者なのでしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

横には「庚申講 十人」と刻まれた石碑が一緒に建っています。さきほどの人名が十人分あるので、その人達が建てたことを記したものなのでしょう。

左側面には「たなし道」の文字が見えますので、道標を兼ねていたのかも知れません。こちらの石碑は反対側に「宝暦二」の文字があるので、宝暦 2(1752)年とかなり後に建てられたもののようです。

 

 

 

関連記事

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20199/8

氷川神社富士塚(板橋区氷川町21-8 氷川神社)

都営三田線の板橋区役所駅から中山道を少し下がって、板橋本町との間に氷川神社があります。 [mappress mapid="178"]…

20198/25

徳丸富士(板橋区徳丸6-34-3 北野神社)

東武東上線の東武練馬駅からほぼ真北に向かったところに徳丸北野神社があります。 [mappress mapid="177"] …

20198/21

足立区栗原3(環7通)の青面金剛像庚申塔

西新井駅西口から北に向かって環状7号線に出たところの屋敷の角に庚申塔がありました。 [mappress mapid="176"] 2つの石像…

20198/12

千住柳原富士(足立区柳原2-38-1 柳原稲荷神社)

京成関屋駅及び東武伊勢崎線の牛田駅から北に約10分ほど歩いたところに、柳原稲荷神社があります。 [mappress mapid="1…

20195/5

大川富士(足立区千住大川町12−3 大川町氷川神社)

千住駅から日光街道(国道4号線)に出て、荒川の千住新橋を渡る手前を左に降りたところを少しだけ進むと、大川町氷川神社があります。 [m…

ページ上部へ戻る