信長の野望

日本史学習について考える…

史料を読もう

© 信長の野望 All rights reserved.

20151/4

成子富士(新宿区西新宿8-14 成子天神社)

正月の7日間が開いていると聞いたので、成子天神社にある富士塚の成子富士に登ってきました。

地下鉄(東京メトロ)丸ノ内線の西新宿駅を出て、青梅街道を少しだけ西に向かったところに成子天神社はありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

IMG_2582

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最初の成子天神社の石碑のところにはWikiによればもともとは鳥居があったようです(この真下の写真)。その鳥居は今はなく、鳥居に掲げられていた天満宮の文字は参道の横に置かれていました。昨年(平成26年)に造営が完成したからのようです。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

富士塚は本殿の北西側、すなわち左手奥に位置していました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

高さ12mと新宿区一の大きさをほこるものだそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

横には富士塚の標識が立てられていました。 1920(大正 9)年と新宿区では最も新しく作られたもので、新宿区の登録文化財(新宿区指定有形民俗文化財)に指定されているそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

富士塚の北側には鳥居の奥に浅間神社の祠が建てられており、その前には木花咲耶姫命の像が祀られていました。木花咲耶姫命は富士山の神様であり、Wikiによればもともとはこの富士塚の上に祀られていたそうです。ただ、東日本大震災で落ちてしまったようで、今の場所に安置されるようになったようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

反対を向くと扉が開いています。ここが開いているのは正月の7日間らしいので、今回ちょっと遅くなったのですが登に来ました。



 

くぐってきた鳥居の裏には大正十三年の文字がみえます。富士塚ができて三年目につくられたもののようです。


また、竣成記念碑も扉の横にはありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最初はなだらかな参道が続き、横にいくつかの石碑が配置されています。丸藤成子講によるものらしいので、上の丸藤の図案に成子という文字が付けられているので、これらは講碑なのでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しばらく歩くと分かれ道です。右に上る道があるので、こちらがメインなのでしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この上りの周辺にも講碑などが建ち並んでいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中ほどに祠がありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA



ここから先は確かに少し傾斜がきつくなっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして頂上に登ってきました。木花咲耶姫命の像に変わって今は新しい祠が置かれています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

上から下の浅間神社の祠と木花咲耶姫命の像をのぞむとこんな感じです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さらに下を見下ろすと12mは確かにかなり高い感じがします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

反対側のところを降りていくと道が合流していました。これを下っていくと、最初の分かれ道の所に出られるようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

降りた裏手側からの眺めです。


降りてみると、高層マンションの真ん中にあるのがわかります。この工事にともなって移設や取り壊しの話しもあったとききました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

知ってか知らずか、次から次へと登頂する一行がいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、昔は閉じていたとする北側の門はなくなっており、隣接するマンションの駐車場らしきところとつながっていました。そこにも赤い成子天神社の鳥居があり、そこから富士塚をながめるとこんな感じでした。

こうやって、富士塚も開発の過程の中で姿を変えてしまうんですね。その時その時の様子をこうやって記録できるってすばらしいです。

なお、この富士塚には七福神の石像もあったそうですが、それらは成子天神社の参道などに移されていました。これは次回紹介します。

 

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村


その他・全般(歴史) ブログランキングへ

関連記事

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20199/8

氷川神社富士塚(板橋区氷川町21-8 氷川神社)

都営三田線の板橋区役所駅から中山道を少し下がって、板橋本町との間に氷川神社があります。 [mappress mapid="178"]…

20198/25

徳丸富士(板橋区徳丸6-34-3 北野神社)

東武東上線の東武練馬駅からほぼ真北に向かったところに徳丸北野神社があります。 [mappress mapid="177"] …

20198/21

足立区栗原3(環7通)の青面金剛像庚申塔

西新井駅西口から北に向かって環状7号線に出たところの屋敷の角に庚申塔がありました。 [mappress mapid="176"] 2つの石像…

20198/12

千住柳原富士(足立区柳原2-38-1 柳原稲荷神社)

京成関屋駅及び東武伊勢崎線の牛田駅から北に約10分ほど歩いたところに、柳原稲荷神社があります。 [mappress mapid="1…

20195/5

大川富士(足立区千住大川町12−3 大川町氷川神社)

千住駅から日光街道(国道4号線)に出て、荒川の千住新橋を渡る手前を左に降りたところを少しだけ進むと、大川町氷川神社があります。 [m…

ページ上部へ戻る