信長の野望

日本史学習について考える…

史料を読もう

© 信長の野望 All rights reserved.

20135/2

椿山荘の庚申塔

今日は椿山荘にランチに出かけたのですが、この椿山荘の庭園には庚申塔があるというので、じっくり見てきました。



椿山荘の庭園で池よりも建物側の斜面に庚申塔はあります。

IMG_0434

この庚申塔は彫りがしっかりしていて、青面金剛像だとすぐるに分かるのですが、珍しく三面六臂のものです。青面金剛像は三目一面のものが多く、額の部分は少しこすれた感じになっているので分かりにくいのですが、たぶん仏眼はないと思います。興福寺の阿修羅像のような感じなのでしょう。

手に持っているものは法輪、戟、弓、矢、縄、そして蛇?のようです。蛇や龍のようなものがまとわりついているものがあるのは聞いたことがありましたが、蛇を直接持っているものは初めて見ました。

IMG_0436

そして下部を見てみると、多くは邪鬼を踏みつけているものがみられますが、邪鬼かどうか不明です。足の指まではっきり彫りがわかるので、たぶん邪鬼ではないのでしょう。

また、さらに鶏が2羽ですが、多くは上部にみられます。さらに猿は「見ざる言わざる聞かざる」の三猿が多かったのに、これは一つだけです。細かいところで、これまで見てきた練馬区などのものと異なっていて興味深いです。

この庚申塔の横には次のような立て札がありました。

IMG_0435

この庚申塔は寛文年間と比較的古い時期のもので、もともとこの辺にあったものであることが記されてます。椿山荘が久留里藩下屋敷跡で、山県有朋の庭園であったのでそのまま残されたのでしょうか?

IMG_0437

確かに碑の左下に「寛文九(1669)年四月」の文字が見られるので17世紀のもののようです。そしてこんなに露地にあるのにそれほど風化が激しくないのには驚かされます。

庚申塔は地域によって差があると聞いていたので、さまざまな地域のものに触れてみたいものです。

 

 

 

関連記事

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20199/8

氷川神社富士塚(板橋区氷川町21-8 氷川神社)

都営三田線の板橋区役所駅から中山道を少し下がって、板橋本町との間に氷川神社があります。 [mappress mapid="178"]…

20198/25

徳丸富士(板橋区徳丸6-34-3 北野神社)

東武東上線の東武練馬駅からほぼ真北に向かったところに徳丸北野神社があります。 [mappress mapid="177"] …

20198/21

足立区栗原3(環7通)の青面金剛像庚申塔

西新井駅西口から北に向かって環状7号線に出たところの屋敷の角に庚申塔がありました。 [mappress mapid="176"] 2つの石像…

20198/12

千住柳原富士(足立区柳原2-38-1 柳原稲荷神社)

京成関屋駅及び東武伊勢崎線の牛田駅から北に約10分ほど歩いたところに、柳原稲荷神社があります。 [mappress mapid="1…

20195/5

大川富士(足立区千住大川町12−3 大川町氷川神社)

千住駅から日光街道(国道4号線)に出て、荒川の千住新橋を渡る手前を左に降りたところを少しだけ進むと、大川町氷川神社があります。 [m…

ページ上部へ戻る